わが社は、深夜、早朝の業務が中心のため

夕方からしばらくの時間、会社は無人となる

まさにその時間の出来事

会社の出入り口のコンクリートブロックが大破していた

ひどいですね

ブロックが粉々です。

この現場の跡をみて

ドライバーさんは、ケガをしていないだろうか?

車は、そのまま走れたのだろうか?

車の修理をするとき、保険が使えないだろうにどうするんだろう?

とても心配になりました。

しかし、ドライバーさんや近所の修理屋さんなどが

「どうしたの?」

「大変でしたね」

と現場を見ながら、こんなことを話しているのを聞いて

少し納得しました。

フェンスに当たらずに直接ブロックに当たっている

「これは車高の低い車だな・・」

「落ちてる部品からみてちょっと前のタイプのパーツ・・」

「この衝撃でエアバックが開いてないってことはハンドルも交換してる・・」

「保険を使いたくても、そもそも保険に入ってないな・・」

いろいろ出てくると車種がしぼれてきますね

どうも名乗り出てくることはないようなので

ぼちぼち修理をしていきます。

なんか、悲しい気分ですね。

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。